最終更新:2013年10月30日

写真提供: 宮城県

マガキOyster

寿 命
20年以内
生息地
北海道から九州、朝鮮半島、沿海州、中国大陸沿岸に分布
体 長
殻長20cm前後
え さ
植物プランクトンやその破片
漁獲方法
大半が養殖
食べ方
生食、焼き、蒸し、フライ、鍋、佃煮

まめ知識

・鉄分、カリウムなどの無機質、各種ビタミン類が豊富。
・好条件の場所が見つかると、成熟幼生は足と外にある膜からセメント物質を出して2〜3分間でその場所に固着する。固着生活に入ると、うまみ成分であるグリコーゲンが秋から春にかけて蓄えられ、そのグリコーゲンをエネルギー源として消耗しながら夏の産卵期に向けて卵や精子を成熟させる。
・普段は雄性を示し、繁殖期である夏になると雌性が現れ産卵するという変わった特徴を持っている。また、漢字で書くと牡蠣になり、「牡」という字が入っているのは古代中国ではカキは全てオスだと考えられていた為と言われている。
・餌を摂るのに大量の海水を取り込むが、かき1個がろ過する海水の量は、1時間に約10リットル(ポリバケツ1杯分)にもなる。