最終更新:2013年10月30日

写真提供: 独立行政法人水産総合研究センター

ゴマサバSpotted mackerel

名 前
マルサバ(高知・関東)、ホシサバ・ホシグロ(出雲崎)、ドンサバ(北九州)
寿 命
3年〜4年
生息地
北海道南部以南〜西南部、東部太平洋、東シナ海、九州沿岸、ハワイ諸島
体 長
50cm程、1kg程
え さ
ハゼ、マアジの幼魚、カタクチイワシなどの小魚、動物プランクトンや軟体動物
漁獲方法
延縄漁業、刺し網、敷網 最近は巻網とハネ釣りが中心
食べ方
刺身、寿司、お茶漬け

まめ知識

・水産上重要種で、マサバと共に様々な調理方法で賞味される。とりわけ、マサバの味が一年の中で最も落ちるとされる夏期が旬といわれ、需要が高まる。
・腹の部分にゴマを振ったような小さな黒い模様が点々とあるのがゴマサバ、それが無く、真っ白いのがマサバである。
・サバの生臭いのは、トリメチルアミンオキサイドというアミノ酸成分による。このアミノ酸は水に溶けるので、湯をかけて脂肪分と共に流したり、塩で脱水させて流したりするのである。また、特に皮および皮と身の間の脂肪部分に多くあるので、背の方を特に念入りに行うのも、そのためである。