最終更新:2013年10月30日

写真提供: 島根県水産技術センター

ベニズワイガニRed snow Crab

名 前
ベニガニ
寿 命
15年〜16年
生息地
茨城県以北、日本海の深海(水深約500〜2500m)
体 長
甲長12cm前後
え さ
プランクトン、小魚
漁獲方法
カニかご漁
食べ方
蒸しガニ、刺身、鍋物

まめ知識

・名前の由来は茹でていないのに紅いため。
・水揚げされた紅ズワイガニの大半は加工向けになり、肉を取り除いた後の廃棄物である殻には多量のキチンが含まれている。キチンを科学処理して得られるキトサンには、人間の生活に役立つ様々な効果があり、大きな期待が寄せられている。
その用途は人工皮膚、人工臓器、外科用縫合糸、抗ガン剤、抗菌・防腐剤、化粧品など広範にわたる。
・紅ズワイガニの雌は漁獲禁止である。
・他のカニに比べ、水分が多く含まれるのは水圧が高い深海域に生息している事が考えられる。