最終更新:2013年10月30日

写真提供: 神奈川県立生命の星・地球博物館(瀬能 宏撮影)

メカジキSwordfish

名 前
地方名:メザス(富山)、ダクダ、ラクダ(千葉)、メカ(東京、高知県室戸)、メサラ、メダラ(神奈川)、シュウトメ(高知、和歌山)、ツン(山口、高知)、ハイオ(熊本)、ゴト(鹿児島)
寿 命
15年以上
生息地
全世界の温帯・熱帯海域
体 長
4m、300kg カジキ類の中でも最大級の種類。メスはオスより大きい。
え さ
イカ類、他の魚類や甲殻類
漁獲方法
マグロ延縄、突きん棒
食べ方
刺身、唐揚げ、缶詰や蒲焼にも利用される。

まめ知識

・外洋の表層・中層に生息し、群れを作らず単独で遊泳する。背鰭を水面上に出して泳いだり水面上に飛び上がったりもする一方、深海の海底付近まで下がって餌を捕まえる事もある。
・性質は獰猛で、船舶や大型魚、くじらなどにも突進する。
・幼魚は歯があり、背鰭の基底が体の後半部まで続いているが、成長に従って歯が消失し、背鰭が鎌状に変化する。
・名前のメカジキのメは大きな目の事を指すといわれている。また、カジキとは鋭く伸びた上あごが船板を突き刺す程であることから『梶木(かじき)通し』と呼ばれ、略称の末、カジキになったのだという。