Speech

セイラーズ フォー ザ シー 日本支局 発足記念基調講演
「子孫のために海洋食料資源を確保するために」

デイビッド・ロックフェラーJr.
米国ロックフェラー財団会長
セイラーズ フォー ザ シー(Sailors for the Sea)設立者、会長

2011年11月8日 於:東京 参議院議員会館

ご出席の閣僚、国会議員、著名な NGO 指導者、報道関係者をはじめとする皆さま – 私と妻のスーザンは、日米の両国民にとって共通の懸念事項である「食料源としての海の健全性と将来にわたる生育力」について、本日お話できることを光栄に思います。実際、この問題は世界中の 70 億人全員に関わる問題です。

多くの皆さんと同様、私は子供の頃浜辺で遊んだり、ボートに乗って海に出かけることが楽しみでした。海は、幻想的で魅力的なものです。海は、豊かで神秘的なものです。また日本の皆さんは、悲しい体験を通して、海の威力や破壊力について世界中の誰よりもよくご存知のはずです。

妻のスーザンと私は、日本の東北地方で起きた3月11日の地震と津波という二重の被害に遭遇した4箇所の地域を訪問し、昨日戻ってきたばかりです。  被害にあった学校では仙台市長とお会いし、港町では漁師の方々と会い、田んぼが塩の湖と化した海岸付近の住民の皆さん、そして仮設住宅に住む避難住民の方々ともお会いすることができました。  破壊された家々や生活をじかに目の前にして涙を堪えることは、難しいものでした。  甚大な被害を受けた日本の方々に深く同情申し上げます。

私は長年船舶操縦者として、常に海を愛してきました。しかし若い頃は、これほど巨大な水の塊に健全性に対する問題など発生するとは思いもよりませんでした。結局のところ、ヨットは海の表面を帆走するに過ぎないので、船乗りはヨットの下で起こっている問題について何も知らない場合が多いのです。

しかし、2000年にピュー海洋審議会で委員を務めることになり、たちまち米国の海水が直面しているすべての問題について知ることになりました。これには、漁業資源の減少、都市、農地、産業により流れ込む汚水、海に投棄されるゴミ、各国の海洋政策に関する規制の縺れが挙げられます。

この審議会のメンバーには、政治家、環境問題の専門家、宇宙飛行士、数人の科学者だけでなく、私のような慈善家も含まれていました。この審議会の議長は、現在の国防長官で、それ以前はアメリカ中央情報局長官を務めた レオン・パネッタ氏でした。この審議会のメンバーを務めることができたのは大変光栄でした。我々は審議会で、2003 年に包括的な報告書をまとめ上げました。 そこで得た主な結論は「海は問題に直面しているが、それに気づいている人はほとんどいない。そしてこの問題に対処するために何らかの行動を取っている人や行政組織はさらに少ない」というものでした。しかし以後 8 年間、これらの問題を認識する人が増え、さらに多くの行政組織がこれらの問題に対処しようとしていることを、私は嬉しく思います。

ピュー報告書の発表後、私は自分自身で行動を起こすことを決意しました。(個人が問題に対処するというところは非常にアメリカ的です。)そしてセイラーズ フォー ザ シー(Sailors for the Sea)という民間のNGO教育団体を設立しました。この団体の主な目的は、海の健全性に関する問題について船舶操縦者を教育し、海の世話役となるよう動機づけをすることです。

そして本日、セイラーズ フォー ザ シー日本支局を東京に設立しますことを、謹んで発表いたします。これは世界中で最初の国際支局となります。また、セイラーズ フォー ザ シーがアメリカズ・カップ イベント委員会の公式サステナビリティ・パートナーになりましたことも合わせて発表いたします。