コラーゲン豊富なヤナギムシガレイ!タンパク質を多く含み、脂肪分も少ないお魚です☆

カレイの中でも比較的よく目にする物の一つで、干物に加工された状態で多く市場に流通しています。ヤナギムシガレイにはどんな美容効果や健康効果があるのでしょうか?

Beauty Effect美容効果

タンパク質を多く含み、脂肪分も少なくヘルシーなお魚です。脂質が少なく、消化吸収が良いのでダイエット中の方の強い味方です。コラーゲンが豊富なので、美肌効果、美容効果に期待出来ます。
カロリー95kcal/100g (とりささみ 105kcal/100g)
タンパク質19.6g/100g (とりささみ 23g/100g)

Health Effect健康効果

白身が淡白なカレイは消化が良く、低カロリーなので病人食や離乳食にも最適です。タウリンは動脈硬化の予防、血液の正常化、コレステロール値の低下、血糖値の上昇抑制をしてくれます。また、タンパク質は免疫を高めてくれ、ビタミンBは成長の促進や動脈硬化予防に役立ち、脱毛、白髪の予防、筋肉痛などの疲労回復作用があります。

Composition成分

タンパク質、ビタミンB、タウリン、ナイアシン、リン、鉄、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム

Cooking Guideクッキングガイド

煮て


煮付け

揚げ


唐揚げ

焼いて


塩焼き、ムニエル

Sustainability持続可能性

三陸から常磐にかけて漁獲されるヤナギムシガレイは、資源量が豊富な魚種としてブルーシーフードガイドに掲載されています。セイラーズフォーザシーが独自に開発したブルーシーフードガイドメソドロジーによる評価によって、ブルーシーフードに選ばれました。ヤナギムシガレイを漁獲する底引き網漁業は、日本の漁業許可制度に則り、ルールを守って操業されてます。

Tips

関西方面では「笹ガレイ」、新潟から北陸、三陸方面など東日本では「柳ガレイ」と呼ばれる事が多く、カレイの中でも味は抜群で「カレイの女王」とも言われ干物では高級食材として親しまれています。冬に採れる大きい物は鮮魚も高価です。選び方は、肉厚で張りがあり表面につやがある物で、裏面に白く濁りがなく、血が滲んでいない物が新鮮です。基本的に煮ても焼いても揚げても、どんな食べ方をしても美味しい白身魚です。少し高価なお魚ですがコラーゲンも豊富な為、美肌効果も期待出来ますので、色々な料理法で召し上がってください。
Reference Link
Scroll Up