食べるだけで筋肉が増加? マックのフィレオフィッシュもMSC認証のスケトウダラ!

スケトウダラは世界中で人気の重要な水産資源で、日本の食生活の中でも様々な形に変わり頻繁に出てくる食材です。スケソウダラとも呼ばれます。ビタミンやミネラルなどの栄養をバランス良く含みますが、痛みが早い為、鮮魚として流通されるより蒲鉾やさつま揚げなどの練り製品に加工されます。

Beauty Effect美容効果

日本以外でも特に美容大国といわれる韓国ではプゴク、美肌スープとしてよく食べられます。高タンパク低カロリーで、ナイアシンが肌の新陳代謝を向上し、またビタミン群も多く含むので美肌効果があります。

カロリー 79kcal/100g (とりささみ105kcal/100g)
タンパク質 18.1kcal/100g (とりささみ23kcal/100g)

Health Effect健康効果

糖質の代謝を助けエネルギーを作り出し、疲労回復に役立ちます。また、細胞の新陳代謝を促進し、皮膚や粘膜の機能維持や成長、皮膚や粘膜の健康維持をサポートします。
脳神経を正常に働かせ、動脈硬化を予防しストレスをやわらげる働きがあり、貧血予防、細胞の生まれ変わり、新しい赤血球を作り出します。
骨や歯を強くし、利尿作用、高血圧の予防に役立ちます。

Composition成分

タンパク質、レチノール、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、ビタミンE、カルシウム、リン、鉄、マグネシウム、カリウム

Cooking Guideクッキングガイド

汁物


味噌汁、潮汁、鍋

煮る


醬油煮、味噌煮、塩煮

揚げる


フライ(フィッシュ&チップス)、唐揚げ

ソテー


ムニエル

加工品


かまぼこ、ちくわ

Sustainability持続可能性

オホーツク海からベーリング海にかけての北太平洋のスケトウダラ資源はとても豊富で、すり身やフィレーの原料として幅広く利用されています。なかでも、アラスカやロシアのスケトウダラ漁業は「海のエコラベル」と呼ばれるMSC認証を取得しており、科学に基づいて厳格に資源管理が行われています。日本にはMSC認証を取得したスケトウダラ漁業はまだありませんが、三陸のスケトウダラは資源状態もよく比較的管理も行き届いているため、ブルーシーフードガイドの独自基準によって推奨されています。

Tips

加工したスケトウダラの蒲鉾や竹輪を1日1本食べると筋肉の増加の効果が期待できると言われています。元気に歳を重ねていくためにも、効率よく筋肉をつけ減らさないことが大事です。良質で最適なタンパク質の摂取を心掛けてください。
Reference Link
Scroll Up