Message

ごあいさつ

 海洋生物や、その生物たちにとって不可欠である沿岸の生息地は、人間による経済活動により危機にさらされています。かつて海は無尽蔵な資源があり、その回復力は早いものだと考えられていました。しかし、実際は資源には限りがあり、とても脆弱なものなのです。
 セイラーズフォーザシーは、ヨットやボートに関わりのある人々が集まったコミュニティに対して世界中の海洋環境保全についての学習機会を用意し、海を保護し健全に育んでゆくための取り組みを推進します。ヨットやボートのコミュニティのみなさんは世界中の海に対して深い愛情を持ち、海について最も良く状況を把握しています。そこで、ヨットやボートのコミュニティのみなさんに中心となっていただき、この海の環境問題に取り組んでもらえるよう、セイラーズフォーザシーは設立されました。
 セイラーズフォーザシーは、ヨットやボートに関わる人々に対して世界中の海洋環境保全についての学習機会を用意し、海を保護し健全に育んでゆくための取り組みを推進するために発足しました。世界中の海に対して深い愛情を持ち、海について最も良く状況を把握している人々に中心となっていただき、すべての人たちに海洋環境問題に取り組んでもらえるよう、セイラーズフォーザシーは発展を続けています。
 本団体は、熱心なヨットマンであり、自然環境保護に深く携わっているデイビット・ロックフェラー・ジュニア氏によって設立されました。ロックフェラー氏は非政府の海洋政策諮問グループであるThe Pew Oceans Commissionでの活動を通じて、悪化し重大な危機に瀕している海の環境に気づき、セイラーズフォーザシーの設立に至ったのです。そして、私たちが取り組む海の環境問題は、ごみ、乱獲、生息環境の悪化にとどまらず海洋政策まで多岐にわたるものを対象としています。
 セイラーズフォーザシーの推進するプログラムには、海を大切にするための教育活動や環境に配慮したイベントなど(トル)への独自の認定制度など通じ、海の環境問題への取り組みに役立つものが準備されています。
 同時に、セイラーズフォーザシーは各プログラムを充実させるために様々な団体と共に活動をしています。Team 11th Hour Racingは、セイラーズフォーザシーと11th Hour Projectとの協同活動であり、環境に優しいボートレースや水上活動を奨励しています。また、海洋の酸性化に焦点をあてた感動的なドキュメンタリー映画“A Sea Change”や、北アメリカ大陸から南アメリカ大陸への船による南北アメリカ大陸一周の調査探検“ Around the Americas探検”の共同スポンサーとなりました。これらは人々の海洋保全問題に対する意識啓発となりました。
※(さらに世界最高峰のヨットレースであるアメリカズカップの公式サステナビリティスポンサーとして、セイラーズフォーザシーの環境保護基準が適用されています。世界銀行のワールドオーシャンズパートナーシップの公式スポンサーにも就任しました。)
 みなさま、セイラーズフォーザシーのメンバーとなって、わたしたちのプログラムをもっと知っていただき、どのようなことができるか、みなさまがどんな力を発揮できるかを考えてみてください。そして、どのような形でセイラーズフォーザシーと共に海をめぐる問題の認知を高め、わたしたちをめぐる海の環境を改善していくことができるかを考えましょう。
 また、あなたがヨットマンであれば、所属するクラブやレース主催者のみなさんに、ぜひクリーンレガッタプログラムを取り入れることを勧めてみてください。
 海は重大な危機に瀕しています、でも私たちが行動することで救う方法はたくさんあります。
 海のために、そしてセイラーズフォーザシーのためにお力添えいただけましたら幸いです。

Sailors for the Sea