カラフトマス(ピンクサーモン)は注目の栄養素に満ちた、スーパーアンチエイジングフード!

カラフトマスはピンクサーモンとも呼ばれている、サケ科サケ目の魚です。夏に旬を迎えますが、サケ缶の原料が実はほとんどカラフトマス。1年を通して手軽に食事に取り入れられて、しかもお手頃価格で保存もできる。主婦にも1人暮らしにも嬉しいお助けフードです。

Beauty Effect美容効果

カラフトマスに含まれるアスタキサンチンはビタミンCの約6,000倍という強力な抗酸化作用があり、紫外線による肌のシワ形成を抑制する働きがあります。
脂質が少し多いのでカロリーはやや高めですが、ビタミンがとても豊富なのでダイエット中の健康管理にも適しています。
人間が生きていく上で欠かせない必須脂肪酸、EPAやDHAも豊富です。
脂質の脂肪生産を抑制する働きがあり、中性脂肪を減らす働きがあると言われています。鮭皮の下の脂肪に多く含まれるのでカリッと焼いて皮ごといただきましょう。

カロリー  154kcal/100g  (とりささみ 105kcal/100g)
タンパク質 21.7kcal/100g (とりささみ 23kcal/100g)

Health Effect健康効果

疲労回復、動脈硬化の予防、貧血の予防、免疫力を高める、高血圧の予防、眼精疲労回復

Composition成分

たんぱく質、脂質、炭水化物、レチノール、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン(B3)パントテン酸(B5)、ビタミンB6、ビタミンB12 、葉酸、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、カルシウム、リン、鉄分、マグネシウム、カリウム、DHA、EPA、アスタキサンチン

Cooking Guideクッキングガイド

冷凍


冷凍して半解凍の状態で食べるルイベが人気

焼く


塩焼き、ムニエル、サケハンバーグ、ちゃんちゃん焼き(郷土料理)切り身と野菜をバターを敷いた鉄板で蒸し焼く。味付けは白味噌を酒で溶いて砂糖やみりんを適量加えたもの

揚げる


フライ

煮る


カラフトマスと白菜の煮物

アレンジ


鮭缶をマヨネーズとあえてサケマヨ

Sustainability持続可能性

ブルーシーフードガイドがお勧めするカラフトマスは、MSC認証を取得したカラフトマスです。MSC認証は、水産資源を生態系を守り、ルールを守って操業する漁業に与えられる認証で「海のエコラベル」とも呼ばれています。アラスカ、カナダ、ロシアで刺網や釣りで漁獲されたカラフトマスがMSC認証を取得しています。サケ類は生まれた河川に遡って産卵する「母川回帰」の性質がありますが、それぞれの河川による遺伝的な多様性を守るなど、適切な管理が行われています。

Tips

カラフトマスと聞いてもあまりピンとこないかもしれませんが実は漁獲量も多く、旬のこの時期にはスーパーにもたくさん出回っている魚です。特に鮭缶のほとんどがカラフトマスです。今外食より家庭料理が求められていますが、毎日の献立を考える主婦には頭の痛いことですよね!保存が出来て、困った時のアレンジ料理の1品として鮭缶は主婦の強い味方です。是非ご活用下さい。
Reference Link
Scroll Up